北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

イベント情報EVENTS

~速報企画展示~
(祝・決定)福岡県天然記念物指定
      伝説の泉「満干の潮(みちひのしお)」

更新日:2021/06/26 カテゴリ:自然史系その他
開催日令和3年7月3日(土)~当面の間
時間9:00~17:00(最終入館16:30)
場所いのちのたび博物館 恐竜デッキ(中2階)
料金等常設展観覧料でご覧いただけます。
大人600円、高大生360円、小中生240円
内容 「満月の満潮に満ちる」
 小倉南区頂吉(かぐめよし)には、古くから語りつがれた泉「満干の潮(みちひのしお)」が存在します。
 この突然湧き出る泉の謎に、当館の名誉館員である藤井厚志博士が長年、挑み、モニタリングなどの調査・研究から、満月や新月の頃の朝方や夕方に地下水が良く湧き出すことを突き止めました。その結果、この湧き水には、地球が月や太陽の影響を受け周期的に変形する現象(地球潮汐(ちきゅうちょうせき))が大きく影響していることが明らかとなりました。地域の伝説を科学的に検証した稀有(けう)な事例となりました。
 本展示では、「満干の潮」の福岡県天然記念物指定の決定を祝し、このカルスト性間欠冷泉の不思議を紹介します。
備考写真説明:満干の潮の大流水(1988.10.3藤井厚志博士撮影)
※満干の潮は国有林の山深い場所にあり、入山が禁止されています。
 また突然、湧きだす泉を、現地で見ることは困難です。