企画展「なつかしい道具展-暮らしと道具とわたしたち-」

今からおよそ60年前、現在の北九州市が誕生した昭和38年(1963)当時は、高度経済成長の真っ只中で、ガス・水道・電気や鉄道・道路などの社会基盤の整備が進みました。また、家電製品、化学繊維品、インスタント食品などが登場するなど、ひとびとの暮らしが大きく変わりつつありました。本企画展では、この時代に撮影された写真や当時の「三種の神器」とよばれたテレビ、洗濯機、冷蔵庫など衣・食・住の道具の展示を通して、当時のひとびとの暮らしを紹介します。

【写真】東京オリンピック開会式の放送を見る子ども ※当時の「三種の神器」

開催日:令和5年12月16日(土)~令和6年3月31日(日)
※令和5年12月29日(金)~令和6年1月1日(月・祝)は休館

時間 9:00~17:00(最終入館16:30)

場所:いのちのたび博物館

料金等:常設展観覧料でご覧いただけます。
大人600円、高大生360円、小中生240円、小学生未満無料
※小中生は令和6年3月31日まで常設展が無料です。


減免について

北九州市・福岡市・熊本市・鹿児島市・下関市在住で65歳以上の方180円

※公的機関が発行した証明書(住所・氏名・生年月日の記載のあるもの)の提示が必要です。(例:運転免許証、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、マイナンバーカードなど)

手帳等をお持ちの方

下記の手帳等をご提示いただければ、無料でご覧いただけます

  • 療育手帳(本人と付き添いの方1名)
  • 身体障害者手帳(1級~4級:本人と付き添いの方1名、5~6級:本人のみ)
  • 精神障害者保健福祉手帳(本人と付き添いの方1名)
Language »