北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

イベント情報EVENTS

企画展「折尾駅ものがたり-日本初の立体交差駅とまちの歴史-」

更新日:2022/08/09 カテゴリ:歴史系ポケット企画展
開催日令和4年9月10日(土)~令和4年12月11日(日)
時間9:00~17:00(最終入館16:30)
場所いのちのたび博物館
料金等常設展観覧料でご覧いただけます。
大人600円、高大生360円、小中生240円、小学生未満無料
内容明治24年(1891)に開業した折尾駅は、日本初の立体交差駅として、九州鉄道(鹿児島本線)と筑豊興業鉄道(筑豊本線)の共同駅舎・接続線が設置され、筑豊の石炭を若松や門司に輸送する中継駅となりました。大正5年(1916)完成の旧折尾駅舎は平成24年(2012)に解体されましたが、一部部材が博物館に収蔵されることになりました。今回の企画展では、これらの資料から、立体交差駅の役割と工夫、地域における意義、駅舎などを紹介します。