北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

【プレスリリース】二枚貝と共生する奇妙な形をしたアンモナイトの新種を発見

更新日:2021/04/20 カテゴリ:ニュース&トピックス

この度、北九州市立いのちのたび博物館、徳島県立博物館、大阪市立自然史博物館が所蔵する香川県から発見された化石を、当館と徳島県立博物館で共同研究した結果、新種のアンモナイトであることがわかり学術誌に掲載されたので、実物化石を特別公開します。

 

【特別公開期間】令和3年4月23日(金)~6月6日(日)

 

詳しくはこちら→プレスリリース資料

        プレスリリース資料(詳細)

 

新種のアンモナイト「ディディモセラス・モロズミイ」の復元図(全長15cm前後)
殻の表面に黄色く描いているのは、共生する二枚貝。