【メル博】ロゴマーク いのちのたび博物館メールマガジン 第171号
2018/06/10
博物館からのおしらせ
夏の特別展「へんてこモンスター」開催決定!
【画像】白亜紀にいた史上最大のタコ類ヒキダコウモリダコの生体復元模型
白亜紀にいた史上最大のタコ類ヒキダコウモリダコの生体復元模型
これまで地球上には様々な生物が登場しましたが、その中にはとても奇妙な姿をしたものや、不思議な生態を持つものがたくさん含まれます。本特別展では、これらの奇妙な生物を展示し、生き残りをかけて様々な能力を身につけてきた生物の進化の歴史と多様性を紹介します。史上最大のイカとタコの下顎実物化石や、体長2.4 mの巨大なタコの復元模型、体長2.3 mの巨大な“ヤスデ”の復元模型、世界初公開の新種を含む様々な現生の深海生物、生きた奇妙な生物(生体展示)など、見どころ多数です。

【開催期間】平成30年7月14日(土)〜平成30年9月24日(月・休)
【時 間】9:00〜17:00(最終入館16:30)
【場 所】いのちのたび博物館
【料金等】
<特別展入場料>
●特別展のみ●
大人800円、高大生500円、小中生400円

●特別展+常設展のセット券●
大人1100円、高大生700円、小中生500円


<特別展関連イベント>
●「 タッチプール」●
ヒトデやウニなどの生きた海の生物とふれあうことができます。

【開催日】特別展会期中の7月・8月の金曜日、9月の日曜日
【時 間】(1)11:00〜12:00、(2)14:00〜15:00
【場 所】いのちのたび博物館
【対 象】どなたでも(小学生以下は保護者の参加が必要)
【料金等】特別展入場券が必要
【申 込】不要

● 「ギャラリートーク」●
特別展会場で学芸員が奇妙な生きものの不思議を解説します。

【開催日】7月24日(火)、7月31日(火)、8月21日(火)、8月28日(火)、9月8日(土)
【時 間】14:00〜14:30
【場 所】いのちのたび博物館
【対 象】どなたでも(小学生以下は保護者の参加が必要)
【料金等】特別展入場券が必要
【申 込】不要

●「ナイトミュージアム」●
照明を落とした夜の博物館を探検しよう!

【開催日】8月4日(土)、8月25日(土)、9月15日(土)
【時 間】18:30〜20:30(最終入館は19:30まで)
【場 所】いのちのたび博物館
【定 員】各日700名
【対 象】どなたでも(小学生以下は保護者の参加が必要)
【料金等】大人800円、高大生500円、小中生400円
【申 込】当日の15:00までセブンチケットでのみ販売(無くなり次第終了)

特別展、イベントの詳細は博物館ホームページからご確認ください。

室内講座「植物細密画を描いてみよう!」
【画像】
初心者向けに、植物細密画の描きかたの基本と要点を線画段階と着色段階に分けて指導します。

【開催日】7月8日(日)
【時 間】13:00〜16:30
【場 所】いのちのたび博物館 
【定 員】24名(抽選)
【対 象】小学生以上(小学生は保護者同伴)
【料金等】200円(用紙・資料代)
【申 込】必要

イベントの詳細は博物館ホームページからご確認ください。

ジオハイキング「生きた化石、カブトガニの不思議」
【画像】
曽根干潟に生息している生きた化石カブトガニの謎にせまります。

【開催日】7月16日(月・祝)
【時 間】10:30〜12:00
【場 所】曽根干潟
※集合・解散:曽根干潟カブトガニ自慢館(小倉南区曽根新田南4丁目1)             
【定 員】20名(抽選)
【対 象】小学生以上(小学生は保護者の参加が必要)
【料金等】50円(保険代)
【申 込】必要

イベントの詳細は博物館ホームページからご確認ください。

夏休み教室「権現山の昆虫観察会」
【画像】
権現山の昆虫を観察します。

【開催日】7月21日(土)
【時 間】10:30〜14:00
【場 所】皿倉山
※集合・解散:皿倉山ケーブルカー山上駅 
【定 員】50名(抽選)
【対 象】小学生以上(小学生は保護者の参加が必要)
【料金等】50円(保険代)            
【申 込】必要

イベントの詳細は博物館ホームページからご確認ください。

室内講座「ミニ掛軸を作ろう」
日本の伝統的表装技術である掛軸の製作を体験し、職人の高度な技術に接して、文化財の保存・継承の大切さを知る。

【開催日】7月22日(日)
【時 間】(1)10:00〜12:00、(2)13:30〜15:30
【場 所】いのちのたび博物館
【定 員】各回10名(抽選)
【対 象】小学校4年生以上(小学生は保護者同伴)
【料金等】1500円(材料費)
【申 込】必要

イベントの詳細は博物館ホームページからご確認ください。

学芸員の「よもやまばなし」
花のかたち −ネムノキ−
【画像】クサイチゴの花(上) ゲンゲの花(中) ネムノキの花のつくり(下)
クサイチゴの花(上) ゲンゲの花(中) ネムノキの花のつくり(下)
 花の形や色は、植物の種類によって様々です。ヤマザクラやクサイチゴ等のバラ科の植物の花は、5枚の花びらが規則正しく並んだ、いわば花らしい形をしています。一方、エンドウやゲンゲ(レンゲ)等のマメ科の植物の花は、立体的で複雑な形をしています。ネムノキという植物もマメ科に属していますが、その花はエンドウやゲンゲと同科とは思えない形をしています。今回は、このネムノキの花のつくりをご紹介します。
 夏になるとネムノキの枝先に、ピンク色をした細長い毛のようなものがたくさん現れます。この毛のようなものは、ネムノキの「おしべ」です。よく見ると、たくさんの「おしべ」は、淡い緑色をした短い管のようなものの中から出ていることがわかります。もっとよく見ると、この短い管は、2つの部分からなっていることもわかります。この2つの部分の枝側(下側)は「がく」という部分で、上側が「花びら」です。では、「めしべ」はどこにあるのでしょうか。花が盛りの時は、たくさんの「おしべ」にかくれ、「めしべ」を見つけることは難しいと思います。しかし、盛りをすぎた花をみると、しおれてしまった「おしべ」とは異なり、立ったままの白っぽい色の毛のようなものを見つけることができます。これが「めしべ」です。
 なお、一つの枝先にまとまって咲いている花たちのなかで蜜を出すのは、中央に咲く「頂生花(ちょうせいか)」一つだけと考えられています。「頂生花」は、たくさんの「おしべ」の下部がくっついていることや、「がく」の下部がふっくらしていることなどの点で、他の花と区別できます。このように、花とは思えないような形をしたネムノキの花ですが、秋にはちゃんと果実がみのります。その形は、巨大なサヤエンドウ。やはりネムノキはマメ科であることが納得できます。
 なぜ、このような風変わりな形の花をしているのでしょうか。そこには花粉を運んでくれるムシをよぶための工夫が隠されているようです。まずはどのような昆虫がこの木の花を訪れるのか観察してみませんか。博物館の正面入口付近にもネムノキを植えてありますので、ご利用ください。

(自然史課学芸員 真鍋 徹)


西郷どん、怒りの漢詩―西郷隆盛の書を読む(2)―
【画像】西郷隆盛漢詩「辞闕」(原家資料)
西郷隆盛漢詩「辞闕」(原家資料)
 前号に引き続き西郷隆盛(1827−77)の書を紹介します。もう1回お付き合い願います。
 今回も漢詩(五言律詩)です。早速書き下してみましょう。
  独り時情に適せず 豈に歓笑の声を聴かんや
  羞を雪がんと戦略を論ずるに 義を忘れて和平を唱ふ
  秦檜は遺類多く 武公は再生し難し
  正邪は今那ぞ定まらん 後世必ず清を知らん
 続いて現代語訳してみます。
  私一人だけ時勢に適合していない。  
  どうして歓声や笑い声を聴くことができようか。  
  (国の)雪辱のための戦略を論じているのに、
  大義を忘れての和平を唱えるばかりだ。  
  (中国宋代の)秦檜(のような売国奴)の後継者は多くても、
  武公(岳飛)(のような真の愛国者)はなかなか現れまい。  
  どちらが正道か邪道かすぐに定まらないだろうが、  
  後世の人びとが必ずどちらが正しいか認定するはずだ。
 西郷どん、怒っていますね。でも一体何に、またなぜ怒っているのでしょうか。
 明治6年(1873)10月、一度は決定していた朝鮮への使節派遣が中止されたため、西郷隆盛は政府を去って鹿児島に帰りました。漢詩はその際に作られたもので、松尾善弘編『西郷隆盛漢詩全集』には「辞闕」(官職を辞す)の題で収録されています。
 明治元年(1868)に誕生した明治新政府は諸外国に新政府の樹立を通告し、幕府に代わって外交を行うことを宣言しました。朝鮮に対しては、江戸時代以来朝鮮との窓口を務めていた対馬藩宗氏を通じて国交樹立を希望し開国を勧めました。しかし朝鮮は日本の国書(外交文書)がそれまでとは異なる「皇」や「勅」などの字を使っていたことを理由に拒絶しました。中国(明・清)に朝貢し、冊封を受けていた朝鮮から見れば、「皇」や「勅」の字を使ってよいのは中国皇帝だけだったのです。ここに明治新政府にとって日朝関係の再編成が重要な課題となりました。
 しかし日本が欧米中心の国際秩序に加わったのに対し、朝鮮は中国中心の国際秩序の中にありました。異なる国際秩序のもとでの両国の関係再編はきわめて困難で、交渉は進展しません。日本側は朝鮮側の態度が問題であるとして使節派遣論が浮上、西郷隆盛は自ら使節として派遣されることを希望し、その勢いに押されて、派遣が決定します。ところが同じ薩摩藩出身の大久保利通は使節を派遣しても説得は困難で、拒絶されれば開戦の名分が立って戦争は避けられないと判断し、派遣に反対します。激しい議論と交渉の後、結局西郷の使節派遣は中止・撤回されました。これを不服とした西郷などは憤慨して新政府を去ります。「明治六年政変」です。
 西郷はやり場のない気持ちを漢詩という形で露わにしたのです。西郷など「明治の群像」と呼ばれる人びとの多くは漢詩を好んで作りました。喜怒哀楽のいずれについても漢詩に表現されたのです。ここで西郷は自らの使節派遣決定を覆した人びと―大久保利通などを売国奴の代名詞というべき中国宋代の秦檜に見立て、自分と大久保などとどちらが正しいのか、後世の人びとが判断するだろうと言い、また自分に言い聞かせているのです。
 ところでこの作品は旧小倉藩家老の家に伝来しました。西郷と直接の交渉はなかったと思いますので、何らかの方法で入手したのでしょう。その場合、西郷がこのような漢詩を何枚か書いたのであれば、その1枚を入手することはできるかもしれません。しかし怒りの余りに作った漢詩を(後から)何枚も書に認めるでしょうか。何枚も書いたとすれば、西郷はその後も明治六年政変の恨みを持ち、また隠そうとしなかったと言えます。そうでなければ後の模写作品なのかもしれません。大変興味深い問題で、追跡調査が必要です。
 なお明治六年政変と西郷隆盛の動向について詳しいことをお知りになりたい方は、大著ですが、家近良樹氏の『西郷隆盛』(ミネルヴァ書房)第八章をお読みになってください。もちろん全文を読んでいただければなおよいと思います。
 今回紹介した書は6月17日まで、企画展「書に見る明治の群像」で展示しています。

(歴史課学芸員 日比野 利信)


【メル博】購読者プレゼント
博物館から素敵なプレゼント!
【画像】恐竜傘(左上) カエルフィギュア(右上) 海のなかま けしごむセット(左下) エッグパスタセット(右下)
恐竜傘(左上) カエルフィギュア(右上) 海のなかま けしごむセット(左下) エッグパスタセット(右下)
・恐竜傘   1名様
子供用50cm名札付きジャンプ傘です。透明部分があるので、視界を遮りません。かっこいい恐竜傘で、雨の日も元気よくお出かけしよう!
 
・カエルフィギュア  1名様
手のひらサイズのカエルフィギュア。上向き加減が、絶妙なかわいさです。

・海のなかま けしごむセット 1名様
ペンギン、マンボウ、クジラなど、海のなかまの形をしたけしごむ7個入。けしごむ大好きっ子に、オススメです!
 
・エッグパスタセット   1名様
恐竜の形と、イルカなど海の生き物の形をしたパスタ(マカロニ)です。デュラム小麦のセモリナに鶏の卵を練りこんで作られています。
かわいい形のパスタ料理、みんなのテンションが上がるかも!

※応募期間は、発行日から10日間です。
なお、当選者の発表はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。あらかじめ、ご了承ください。
また、今月は館内燻蒸(害虫駆除)のため、プレゼントの発送が遅れますのでご了承ください。
応募の際は、メッセージも一緒にお送りください。
たくさんのご応募、お待ちしております。

プレゼントのご応募はこちら
編集後記
お知らせ
【画像】巨大な深海生物ダイオウグソクムシの実物標本
巨大な深海生物ダイオウグソクムシの実物標本
 春の特別展「Bones」は、5月13日をもちまして閉幕いたしました。期間中は、多くの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。
 次回、夏の特別展は、「へんてこモンスター」を開催いたします!こんな“生きもの”見たことない!!と思えるような奇妙な現生・化石生物を500点以上展示いたします!深海生物も多数展示いたしますので、お見逃しなく!

 また、先月号でもお知らせいたしましたように、館内燻蒸(害虫駆除)のため、平成30年6月18日(月)〜6月23日(土)の間、臨時休館いたします。休館中はご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。
24日(日)からは通常どおり開館いたしますので、ぜひお越しください!

 皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。


いのちのたび博物館ロゴマーク
【発行】北九州市立いのちのたび博物館
  〒805-0071福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
  TEL : (093)681-1011 FAX : (093)661-7503
  URL : http://www.kmnh.jpお問い合わせフォーム
バックナンバー
配信アドレスの変更
配信メール形式の変更
メルマガ配信の停止
このメールは、いのちのたび博物館メールマガジンのご購読を希望された方にお送りしています。

Copyright © Kitakyushu Museum of Natural History & Human History. ALL Rights Reserved.