北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

下村 通誉

プロフィール


南大東島洞穴地下水の甲殻類調査

甲殻類・貝類担当学芸員(自然史担当係長)
下村 通誉
しもむら みちたか

1972年高知県生まれ.2002年北海道大学大学院理学研究科博士課程修了.理学博士.専門は甲殻類の分類学.

 

主な研究業績

【論文(2000年以降)】

【学会発表・研究集会】

研究紹介

甲殻類の中でも特に等脚目の分類学的研究を行っています。等脚目は橈脚類と並んで、形態や生態の最も変化に富んだ甲殻類です。これまでの研究では形態を主に扱ってきましたが、今後は分子データを取り入れて系統関係を探る予定です。
等脚目以外ではインゴルフィエラ亜目(端脚目)、カシラエビ綱、テルモスバエナ目という小型甲殻類の研究も行っています。