北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

宮元 香織

プロフィール


内モンゴル自治区 麻池古城城壁の版築と

学芸員
宮元 香織
みやもと かおり

【担当分野】
 考古学(古墳時代)

【所属学会】
 日本考古学協会
 考古学研究会
 九州前方後円墳研究会
 古墳時代研究会
 九州考古学会

1976年小倉生まれ、福津市育ち。奈良女子大学大学院修了、文学博士。2006年4月より歴史課学芸員として勤務。
2016年4月から北九州市・市民文化スポーツ局文化企画課に在籍中。

研究内容

 専門分野は日本考古学で、古墳時代の社会構造について研究しています。これまでは主に日本海側諸地域や近畿地方の古墳と横穴式石室を対象としてきましたが、近年は特に海や島という特殊な立地の古墳に注目して研究をおこなっています。また、古墳時代の鈴に興味をもって調べています。
 北部九州は古来より海の路(みち)をとおして、さまざまなモノや情報を入手することができた地でした。朝鮮半島や大陸と近かったせいもありますが、遺跡や出土する遺物から、北部九州は東アジア世界においてきわめて重要な一角を占めていたことがわかります。この地域の歴史を研究することで、日本の歴史の一端を解明できればと考えています。

展示実績

【特別展・企画展】

【ぽけっと企画展】

研究業績

【論文】

【著書】

【学会報告】

【その他】

その他の活動