北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

蓑島 悠介

プロフィール


昆虫担当学芸員
蓑島 悠介
みのしま ゆうすけ
[博士(農学)]

2008年東京農業大学農学部農学科卒業、2013年北海道大学大学院農学院環境資源学専攻博士後期課程修了、博士(農学)。2010年 – 2013年日本学術振興会特別研究員 DC1。
2013年4月から北九州市立自然史・歴史博物館学芸員。

 

研究業績

【学術論文・査読付】

【査読なし】

  • 蓑島悠介・林成多, 2016. オオトゲバゴマフガムシの島根県・岡山県からの記録. さやばねニューシリーズ, (21): 7.
  • 蓑島悠介・吉富博之, 2008. キヌゲマルトゲムシの本州からの追加記録. 甲虫ニュース, (161): 8.

【書籍など】

  • Fikáček, M., Ryndevich, S., Minoshima, Y. N. & Prokin, A., 2015. New Nomenclatural and Taxonomic Acts, and Comments, Hydrophilidae. In: I. Löbl & D. Löbl (eds), Catalogue of Palaearctic Coleoptera Volume 2, Revised and Updated Edition, Hydrophiloidea – Staphylinoidea. 1 p., Brill, Leiden.
  • Fikáček, M., Angus, R. B., Gentili, E., Jia, F.-L., Minoshima, Y. N., Prokin, A., Przewoźny, M. & Ryndevich, S. K., 2015. Family Helophoridae Leach, 1815. In: I. Löbl & D. Löbl (eds), Catalogue of Palaearctic Coleoptera Volume 2, Revised and Updated Edition, Hydrophiloidea – Staphylinoidea. 25–33 pp., Brill, Leiden.
  • Fikáček, M., Angus, R. B., Gentili, E., Jia, F.-L., Minoshima, Y. N., Prokin, A., Przewoźny, M. & Ryndevich, S. K., 2015. Family Hydrochidae Thomson, 1859. In: I. Löbl & D. Löbl (eds), Catalogue of Palaearctic Coleoptera Volume 2, Revised and Updated Edition, Hydrophiloidea – Staphylinoidea. 35–36 pp., Brill, Leiden.
  • Fikáček, M., Angus, R. B., Gentili, E., Jia, F.-L., Minoshima, Y. N., Prokin, A., Przewoźny, M. & Ryndevich, S. K., 2015. Family Hydrophilidae Latreille, 1802. In: I. Löbl & D. Löbl (eds), Catalogue of Palaearctic Coleoptera Volume 2, Revised and Updated Edition, Hydrophiloidea – Staphylinoidea. 37–76 pp., Brill, Leiden.

【解説など】

  • 蓑島悠介, 2014. 北九州市立自然史・歴史博物館の紹介. 昆虫と自然, 49 (2): 27-30.
  • 蓑島悠介, 2010. 北海道の水生ガムシ. 北海道新聞野生生物基金 (編), モーリー22号「水辺に生きる虫たち」. 北海道新聞社, 札幌市, pp. 16–19.

【学会発表】

  • 蓑島悠介, 2017. Národní Muzeum (Praha)(チェコ国立博物館). シンポジウム「海外の自然史博物館における収蔵庫と収蔵展示を考える」, 大阪市立自然史博物館,大阪市.
  • 蓑島悠介, 2015. パソコンを用いた昆虫形態スケッチの作成. 日本昆虫学会第75回大会, 九州大学,福岡市.
  • 蓑島悠介, 2014. 日本産ツヤヒラタガムシ属の再検討(鞘翅目・ガムシ科). 日本昆虫学会第74回大会, 広島大学, 北広島市.
  • 蓑島悠介, 2014. 水の中で生きる甲虫たち. 第13回日韓ほたるシンポジウム, 北九州市.
  • 蓑島悠介・大原昌宏, 2013. オオツヤヒラタガムシ属(鞘翅目・ガムシ科)の再検討. 日本甲虫学会第4回大会・日本昆虫学会関東支部第50回大会合同大会, 東京農業大学,厚木市. 11月.
  • Fikáček, M., Minoshima, Y., Vondráček, D., Gunter, N. & Leschen, R. A. B., 2013. Suprising morphological diversity of New Zealand hydrophilid larvae: a preliminary report. Immature Beetles Meeting 2013, Charles University, Prague. October.
  • Minoshima, Y., 2013. Introduction of some techniques of larval study. Immature Beetles Meeting 2013, Charles University, Prague. October.
  • 蓑島悠介・岩田泰幸・林成多, 2013. クナシリシジミガムシの幼虫形態と水生ガムシ科幼虫の浮力確保方法(鞘翅目・ガムシ科). 日本昆虫学会第73回大会, 北海道大学,札幌市. 9月.
  • 蓑島悠介, 2013. ガムシ科の幼虫形態と系統. 日本昆虫学会九州支部第70回例会, 九州大学, 福岡市. 7月.
  • 蓑島悠介・林成多・小林憲生・吉冨博之, 2012. クロシオガムシは「派生的な」ヒラタガムシである. 第3回日本甲虫学会大会, 豊橋市自然史博物館,豊橋市. 12月.
  • 大原昌宏・小林憲生・蓑島悠介・林成多, 2011. 北海道における海浜性ケシガム類の整理と幼虫形態について. 日本甲虫学会第2回大会, 北海道大学,札幌市. 7月.
  • 蓑島悠介・林成多, 2011. 日本産ヒラタガムシ亜族の幼虫形態. 日本甲虫学会第2回大会, 北海道大学,札幌市. 7月.
  • 蓑島悠介・林成多・小林憲生・吉冨博之, 2010. クロシオガムシは本当に原始的か?. 日本昆虫学会第70回大会, 山形大学,鶴岡市. 9月.
  • 蓑島悠介, 2010. 日本産ガムシ族の幼虫形態による同定. 第23回北海道水生昆虫研究会, 札幌. 3月.
  • 蓑島悠介, 2010. 日本産ヒラタガムシ亜族3属の幼虫形態(鞘翅目・ガムシ科). 2009年度 日本昆虫学会・日本応用動物昆虫学会共催 北海道支部大会, 北海道大学(札幌). 1月.