北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

共通ゾーン

共通ゾーン

ゾーンマップ

館内には、小さなお子様のプレイルーム「こどもミュージアム」、ガイダンスや講演会を行う「ガイド館」、特別展や企画展を開催する「ギャラリー館」、様々な資料のそろった「情報館」、体験プログラムや実験を行う「講座室・実習室」などのサービス施設をそなえています。

東アジア交流コーナー

いのちのたび博物館は姉妹都市の韓国・仁川広域市立博物館、友好都市の中国・大連市の旅順博物館と「東アジア友好博物館に関する合意書」を結び(2010年)、友好交流を進めています。ここでは、両市の歴史と文化、両博物館の活動について、写真などの関係資料や所蔵品の複製などにより紹介します。

こどもミュージアム

小学生以上の子どもたちを対象とし、自然史や歴史に興味をもち、展示物に触れたり、遊んだりしながら楽しく学べる場所です。
また、親子で楽しみ、遊びの中から自然史や歴史に興味を持つことのできる、幼児対象のプレイルームもあります。

ガイド館

博物館利用にあたってのガイダンスや、様々な講演などに利用できる多目的ホールです。
大型スクリーン、音響・映像設備を完備しています。約300人の収容が可能です。

ギャラリー館

約500平方メートルの広さがある特別展示室です。特別展や企画展などを開催するときに使用します。

情報館

自然史や歴史に関する図鑑や漫画、雑誌、ビデオなどが豊富に揃っているライブラリーです。

講座室

2部屋に分割可能な多目的室です。
様々な実習や体験学習プログラムを行うほか、講話室にもなります。
約40名の利用が可能です。

実習室

博物館の中の理科室です。
理科に限らず、様々な実習や体験学習プログラムの実施が可能です。
約40名の利用が可能です。