HOME 展示案内アースモール【新生代】

展示案内

アースモール【新生代】

ゾーンマップ
アースモール【新生代】全景

中生代コーナーから階段をのぼると、そこは新生代のコーナーです。
ここには、マンモス、ナウマンゾウ、サーベルタイガー、モアなどの骨格標本があり、現代の生き物の先祖たちということが実感できます。
中でも、5000万年前のブロントテリウムは、アースモールにある古生物骨格標本の中でも唯一の実物化石であり、日本にひとつしかないものです。

アンブロケタス

アンブロケタス

最初に現れた鯨類は、大きく広がった後脚で泳ぎました。

ブロントテリウム

ブロントテリウム

鼻の上の角はオスだけにありました。この標本は実物の化石を使って組み立てられました。

ナウマンゾウ

ナウマンゾウ

日本を代表する化石の一つです。この標本は北海道で発見されたものをもとにしています。

マンモス

マンモス

シベリアにいた巨大な象の仲間です。マンモスは今から1万年前に絶滅しました。

アフリカゾウ

アフリカゾウ

最大の陸上動物で、特徴のひとつであるキバは上あごの門歯がのびたものです。

マッコウクジラ

マッコウクジラ

ハクジラ類の一種です。額の部分には脂肪組織がおさまっていて、浮力調節などの役割があるとされています。

ニタリクジラ

ニタリクジラ

ヒゲクジラ類の一種です。あたたかい海にすんでいて、主に魚を食べています。

ウシマンボウ

ウシマンボウ

この標本は全長3.3メートルもあり、現在保存されているウシマンボウの標本では世界最大です。茨城県沖で1999年に捕獲され、重さは2.5トンもありました。

メニュー

  • ご利用案内
  • 団体見学申込書(兼 受付確認書)ダウンロード
  • メールマガジン
  • 友の会について