ドレパナスピス

 

無顎類

Drepanaspis gamuandensis Schluter

時代 古生代 デボン紀

産地 ドイツ ゲムンデン

下顎がなく、口は単なる孔で、水底の泥をすくってえさを食べていたと考えられています。脊椎動物の中で最も原始的なグループです。現生ではヤツメウナギやメクラウナギがこのグループの生き残りです。古生代のものはこのように硬い甲羅(外骨格)で覆われていました。

P-t3_2.html
ひとつもどるP-t3_2.html
Paleozoic1_2.html
最初にもどるPaleozoic1_2.html