北九州スマートコミュニティ創造事業

 

約120haの実証地域で数多くの環境施策を実施

  1. 箇条書き項目 コージェネレーション発電

  2. 箇条書き項目 環境共生型マンション

  3. 箇条書き項目 カーシェアリング

  4. 箇条書き項目 太陽光発電など再生可能エネルギーの導入

  5. 箇条書き項目 コミュニティ設置型蓄電システム(蓄電池)

平成24年度 日本初のダイナミックプライシングを導入(電力需要の高い時は高い料金、低い時は安い料金で供給します)

北九州市では今回の取り組みによって新たなモデルケースの先駆けとなればと考えており、市内での新しい町づくりや国内外へのビジネス展開にも取り組んで行きます。

北九州市は国から

平成20年環境モデル都市に選定

平成23年環境未来都市に選定


日本の近代産業発祥の地、八幡東区東田地区で産学官民共同での町づくりに取り組んできました。

Mesozoic1_2.html
もどるMesozoic1_2.html