ヒプセロサウルス(卵)

 

 

爬虫類(恐竜)

Hypselosaurus priscus Matheron


時代 中生代 白亜紀後期

産地 フランス

竜脚類(セイスモサウルスやカマラサウルスなどの仲間)の卵は、細長くなく丸いものです。巣を作ることはなく、卵は軟らかい地面の上に産み落とされたようです。一度にたくさん産み落とされるので、集まって化石が産出することがしばしばあります。

13box1_dinosaur.html
ひとつもどる13box1_dinosaur.html
Mesozoic1_4.html
最初にもどるMesozoic1_4.html