イノセラムス

 

イノセラムス(二枚貝)

軟体動物

Inoceramus (I.) iburiensis

                    Nagao and Matsumoto


時代 中生代 白亜紀後期

産地 北海道

嶋貫年男氏 寄贈

中生代の化石として有名なものに二枚貝のイノセラムス類があります。特に白亜紀後期には様々なものが出現し、日本からも多くの化石が産出します。九州でも、イノセラムス・アマクセンシスやイノセラムス・ヒゴエンシスなど、名前に九州の地名がついたものが知られています。イノセラムスには非常に大きくなる種類があり、殻の大きさが1mを超えるものもあります。

11boxanmo.html
ひとつもどる11boxanmo.html
Mesozoic1_3.html
最初にもどるMesozoic1_3.html