シマウシノシタ  

 

カレイ目

Zebrias zebrinus (Temminck and Schlegel)

現生

神奈川県小田原市

ウシノシタの仲間は「牛の舌」に似ていることから、このように呼ばれています。この他にシタビラメ、ベタ、クツゾコなどとも呼ばれています。カレイの仲間ですが、眼が小さく、背鰭と臀鰭が尾鰭に連続しています。 

D3-Fish_02.html
ひとつ前にもどるD3-Fish_02.html
http://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html
最初にもどるhttp://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html