ミナミヤンマの一種 (オス)

 


Chlorogomphus papilio Ris


中華人民共和国 四川省

ミナミヤンマのなかまで世界最大の種類です。翅を広げると蝶のようにみえるからか、種小名にはラテン語のpapilio(チョウ)がそのまま用いられています。ミナミヤンマ類は1億2千万年前の白亜紀前期にはゴンドワナに広く分布していたようですが、現在は東アジアにしかいません。

D2-Insect_12.html
ひとつ前にもどるD2-Insect_12.html
http://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html
最初にもどるhttp://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html