トゲトビムシの一種

 




北九州市 山田緑地 

トビムシは非常に小型の昆虫で、落ち葉の下や、土壌中で生活しています。翅は無く、蛹の期間もありません。和名のトビムシは腹部末端に可動性の突起をもち、これを跳ね上げて跳躍することからきています。個体数が多く、枯れ葉等の分解者として自然界の物質循環に大きな役割をはたしています。

D2-Insect_08.html
ひとつ前にもどるD2-Insect_08.html
http://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html
最初にもどるhttp://www.kmnh.jp/exhibition/Diversity/D-Top.html