コウホネガイ

 

軟体動物

Meiocardia tetragona (Adams and Reeve)

時代 新生代 第四紀 完新世

産地 鹿児島県 燃島

鹿児島県、完新世の燃島貝層から発見された、コウホネガイです。この二枚貝は、水生植物のコウホネの葉に似ているので名付けられた長さ2〜3cmの小型の貝です。


ひとつもどる

最初にもどる

C2-b1.html
Cenozoic2.html