北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

東田博物館ゾーン共同駐車場における駐車料金の超過徴収及び徴収漏れについて

更新日:2019/07/19 カテゴリ:未分類

 令和元年7月13日から同月15日までの間、東田博物館ゾーン共同駐車場(自然史・歴史博物館前)において、下記のとおり精算機システムの不具合による駐車料金の超過徴収及び徴収漏れが発覚しました。
 関係の皆様に大変ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げるとともに、今後の再発防止に向けて鋭意取り組んでまいります。

 

                             記

1 超過徴収及び徴収漏れの内容

  駐車料金の超過徴収 11件7,420円  徴収漏れ 66件19,450円

      <日時>          <超過徴収>        <徴収漏れ>

  7月13日(土)  閉館後   5件 6,700円         ―

  7月14日(日)  午前    6件   720円         ―

            午後        ―        26件  6,300円

  7月15日(月・祝)午前        ―         4件    650円

            午後        ―        36件 12,500円

 

2 事案の原因

  7月13日の閉館後、駐車場の精算機の設定変更を行った際に料金設定が誤った金額に変更されたもの。なお、不具合に至った故障の原因は調査中。

 

3 発覚の経緯

  7月14日午前10時頃、駐車場利用者から電話で駐車料金が高額ではないかとの問い合わせがあり、点検したところ精算機の料金設定の誤りが判明したもの。

 

4 今後の対応

(1)精算機故障の原因を究明し、早急に精算機の料金設定変更を行う。

   なお、精算機の設定変更が完了するまでは駐車場にスタッフを配置し、適正に入出庫の管理を行う。

(2)超過徴収については、利用者からの申出を受け、領収書の提出又は駐車時間等の聞き取りを行ったうえで、超過徴収分の金額を返金する。

(3)徴収漏れについても利用者からの申出を受け、適正な金額を納入していただく。

(4)上記利用者に対しては、ホームページや館内掲示でお知らせする。

 

5 再発防止策

  精算機の設定を変更する際は、すべて正常に稼働することを確認するよう駐車場管理業者に改めて指導・徹底する。

 

6 関係する利用者の方へ
(1)超過徴収について、領収書の提出又は駐車時間等の聞き取りを行ったうえで超過徴収した金額を返金しますので、お心当たりある方はお申し出ください。
(2)徴収漏れについて、お心当たりある方はお申し出ください。

 

7 問い合わせ先
  市民文化スポーツ局自然史・歴史博物館 普及課
  (TEL:093-681-1011)