北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

渋沢栄一と北九州―初公開 安川敬一郎宛渋沢栄一書簡―テーマ展示のご案内

更新日:2019/07/01 カテゴリ:未分類

去る4月に新1万円札の肖像になることが発表された実業家の渋沢栄一は北九州の様々な企業にも関わり、港湾(門司港と若松港)の整備や鉄道(JR鹿児島本線・筑豊本線・日田彦山線)の敷設を中心として、大株主として資金協力するとともに、指導者・調整役として地元の実業家たちと協力しながら、北九州の工業発展とその基盤整備に重要な役割を果たした。
地元の実業家の一人で、北九州を代表する企業家である安川敬一郎の関係資料には、渋沢が安川に宛てた書簡10通や、渋沢が安川に贈った書がある。
本テーマ展示では渋沢の書簡10通をおよそ月替わりで1通ずつ初公開し、渋沢と安川の交流の一端を浮き彫りにし、北九州の産業発展のありようを考える。

 

【期 間】令和元年7月1日(月)~令和2年4月30日(木)

【時 間】9:00~17:00(最終入館16:30)

【場 所】いのちのたび博物館

【料金等】常設展観覧料でご覧いただけます。大人600円、高大生360円、小中生240円