北九州市立自然史・歴史博物館 いのちのたび博物館 KITAKYUSHU MUSEUM OF NATURAL HISTORY & HUMAN HISTORY

ニュース&トピックスNEWS & TOPICS

【新しい両生類が仲間入り!】

更新日:2017/06/29 カテゴリ:未分類

カスミサンショウウオアズマヒキガエル

今月より、ツシマサンショウウオとアズマヒキガエルが

いのちのたび博物館にやってきました。

アズマヒキガエルは、東日本に生息するヒキガエルです。

姿かたちは、そっくりですが鼓膜がニホンヒキガエルよりも大きいのが特徴です。

 

ツシマサンショウウオは、長崎県対馬にだけ生息する流水性の小型サンショウウオです。

雌の尾の上下が鮮やかな黄色になるのが特徴です。
どちらも女の子(雌)とのことです。

どうぞ、かわいがって(優しく見て)あげてくださいね☆